AutoAlign

ボタンを押すだけ。面倒な光軸調整は不要です。

  • 長期にわたる真のスタンドオフ操作が可能
  • 特許取得済みの超高安定ミラーマウントを使用
  • テーパーアンプ、SHGキャビティ、FHGキャビティ、FiberMon部に適用可能
  • 最適化が始まるまで完全にパッシブなセットアップ
  • 実験者の貴重な時間を何百時間も節約

最も耐久性の高いレーザーシステムの場合でも、光学素子の再調整が必要になることがあります。例えば、TOPTICAのガイドスターレーザーは第二高調波発生モジュールを搭載しており、非常に厳しい環境での試運転後も何年もサービスフリーで使用できるように設計されています。

AutoAlignはレーザーヘッド内のいくつかのステージの入力カップリングを最適化することができます。シード(DL pro)からテーパーアンプ(TA pro)へのカップリング、TA proからSHGキャビティ(SHG pro)へのカップリング、SHG proからFHGキャビティ(FHG pro)へのカップリングが可能です。また、SHGステージでは出力FiberMonへのカップリングも可能です。一つのボタンを押すだけで全てのステージを最適化できるこの自動化により、実験者の貴重な時間を節約し、真のスタンドオフ操作が可能になります。

最適化アルゴリズムは、レーザシステムの安定した動作を妨げる可能性があるため、TOPTICAでは、TA pro波長変換半導体レーザーシステムに採用されている特許取得済みのフレックスジョイントミラーマウント設計をベースにAutoAlign技術を開発しました。標準の細ネジをモーターで駆動することで、最高の分解能と信頼性の高いアクチュエータを実現しています。使用しないときは、モーターは完全にオフになっており電源が入っていないため、音響、振動、吸熱によるレーザーシステムの障害は、量子計測レベルまで除外することができます。

Autoalignは、TA-SHG proのような波長変換半導体レーザーや、レーザーラックシステムUV-RGBのソリューションとしてご利用いただけます。

  • Additional Information
  • Related Products

    レーザーラックシステム

    • MTA pro モジュラー増幅同調シングルモードレーザーシステム
    • MSHG pro モジュラー周波数2倍調整可能レーザーシステム

    チューナブルダイオードレーザー