[Translate to Japanese:] TOPTICA iChrome CLE
[Translate to Japanese:] TOPTICA iChrome CLE-50
[Translate to Japanese:] TOPTICA iChrome CLE
[Translate to Japanese:] TOPTICA iChrome CLE
[Translate to Japanese:] TOPTICA iChrome CLE Family

iChrome CLE

効率的 & コンパクト4色レーザーコンバイナ :バイオフォトニクス&顕微鏡用レーザーエンジン

  • 4つの波長をコンパクトな筐体に収納
  • 405, 488, 561, 640 nm 各波長で > 20/50 mW
  • COOLAC 自動アライメント機能
  • 多様なモジュレーション機能を搭載
  • 全波長での完全消灯可能

トプティカ社のiChrome CLE は4つの波長をワンボックスに搭載した小型設計のレーザーコンバイナです。搭載された4つの波長は1本の偏波面保存型シングルモードファイバーを通して出力されます。 405, 488, 561 及び 640 nm それぞれの波長において 最大50 mW のファイバー端出力が保証されています。561 nmではトプティカ社独自開発のFDDL(第二高調波半導体レーザー)技術が用いられています。全てのレーザーラインは最大1MHzの高速で直接変調が可能で、低消費電力、OFFの状態ではいわゆる”ゼロフォトン”に例えられる完全消灯"Complete OFF"が可能です。

トプティカ社独自の  COOLAC 自動アライメント機能を搭載することにより完全なプラグ&プレイを実現しています。このことによりユーザーは簡単なボタンクリックのみでレーザーを使用する準備が全て整います。 OEMへの導入は、完全に統合されたインターフェイスを介して簡単に行えます。すべての機能をRS232またはイーサネットを介して制御可能です。
業界標準のアナログおよびデジタルインターフェースにより、iChromeCLEは市場のセットアップと互換性を持ちます。iChrome CLEは、完全に統合され自動化されたレーザーエンジンとしてお勧めです。照明源の取り扱いに気を使うことなく研究に集中できる設備へと貢献いたします。

  • Specification

    波長 405 nm 488 nm 561 nm 640 nm
    中心波長公差 ± 4 nm ± 4 nm ± 2 nm +3 / -5 nm
    ファイバ結合出力 20 mW / 50 mW 20 mW / 50 mW 20 mW / 50 mW 20 mW / 50 mW

    光クリーンナップフィルタ: 透過率 / バンド幅 (典型値) >90 % / 10 nm >90 % / 6 nm  -- >90 % / 8 nm
    出力安定性(8時間にて@ 室温変動レンジ +/- 3 °C) < 2 %
    RMSノイズレベル (10 Hz - 10 MHz) < 0.5 % < 0.5 % < 1 % < 0.5 %
    < 1.1   
    ビーム楕円率 < 10 %
    偏波消光比 (典型値) > 100:1, linear  
    偏光角公差 (出力コネクタのインデックスキーに対して) 直線, ± 3° (スロー軸はインデックスキーと同軸になるよう調整されています)
    ファイバー仕様:
    ファイバー出力コネクター FC/AFC (8° 角度付)標準装備, その他のコネクタFC/PC, FC/APC,
    FCP8またSCはオプション対応可能です   
    ファイバーケーブル長 (最大) 2 m
    ファイバーケーブル被覆種別 3 mm径 ステンレス保護強化管
    ファイバーケーブル最小曲げ半径 50 mm
    ファイバー種別 シングルモードファイバー, 偏波面保存ファイバー(PMF)
    ファイバー開口径(NA)、(5%、典型値) 0.080 0.076 0.071 0.066
    モードフィールド径 (典型値) 3.9 µm 5.0 µm 6.2 µm 7.5 µm
    電気的仕様:  
    デジタル変調機能       
    デジタル信号種別 TTL   
    デジタル変調最大周波数 1 MHz
    パルス立ち上り/立ち下り時間 (10% - 90 %) < 0.2 µs
    トリガー信号・光信号遅延時間 (典型値) < 1 µs
    デジタル信号消光比 inf.
    アナログ変調機能      
    アナログ変調最大周波数 (変調深さに依存します) 1 MHz
    トリガー信号・光信号遅延時間 (典型値) < 1 µs
    システム概要および環境仕様:      
    準拠法令および標準適応 CE compliance / RoHS compliance / CDRH   
    レーザー安全クラス 3b   
    デジタル通信インターフェイス RS 232 (≤ 115.200 baud), Ethernet   
    動作時環境温度レンジ 15 .. 35 °C
    保存時環境湿度レンジ -10 .. 60 °C
    動作時相対湿度 < 90 %, 結露無きこと (at 20° C)
    レーザーヘッド外形寸法 110 x 205 x 250 mm3 / 137 x 205 x 250 mm3 (L x W x H)

                                       

  • Additional Information
  • Options

    Standard Features:

    • COOLAC:Constant Optical Output Level by push-button auto-recalibration.この機能により変動の激しい環境下でも抜群の安定性を保つことを可能にし納品時の据付調整が不要なドロップシップメントを可能にします。
    • FINE: ファイバ終端の疑似的鏡面や高反射性のサンプルからの戻り光が懸念される光学セットアップでは一般的にパワーが不安定化したりノイズレベルが高くなります。トプティカ社の FINE (Feedback Induced Noise Eraser :フィードバック誘導ノイズイーター)はこれらノイズからの影響を最小化します。ボタン操作だけで光学的フィードバックに対して非常に高い安定性を保持でき何度も光学調整を行ったり光アイソレータを挿入する必要がありません(ノイズの影響を低減する機能でノイズを完全に消去するものではありません。光学的なダメージが懸念されるセットアップでは必ず光アイソレータをご使用下さい)。

     オプション機能:

    • FiberOut: ファイバーコリメーター (FC/APC , FC/PC 用をご用意しています)
  • Applications
    • フローサイトメトリ
    • 共焦点レーザー顕微鏡
    • 生細胞イメージング
    • TIRF
    • FRAP
    • ハイスループットスクリーニング
    • ゲノム解析アナライザー
    • 光遺伝子検査法
  • Downloads
  • Literature
  • Related Products