スイープ型波長可変レーザー
増幅型チューナブルダイオードレーザー
フェムト秒ファイバーレーザー技術
レーザーラックシステム
高性能シングルモードダイオードレーザー
単周波レーザー TopWave 405
iChrome FLE フレキシブル・マルチカラー・レーザー・コンバイナー
高出力自由空間光アイソレータ

神経科学用レーザー

2光子蛍光顕微鏡は神経科学におけるバイオイメージングの主要技術となりました。これにより生体に影響を与えることなく、神経の構造や活動を立体的に、しかもサブミクロン単位で観察可能です。2光子蛍光顕微鏡のコントラストメカニズムでは、緑色または赤の蛍光タンパク質(いわゆるGFPとRFP)を2光子ずつ赤外線範囲で励起します。 
この非線形処理を実行し、生きている脳の深部のニューロンを解像するには、クリーンな時間波形と1W以上の平均出力を持つフェムト秒レーザーが必須です。 

純粋なイメージングを超える全光学インタロゲーションは、神経活動の活発なパターンがどのように行動を引き起こすのかを理解する新しい方法...

広帯域モードホップフリーチューニングにより900nm波長域をカバー

トプティカのCTL製品シリーズのレーザーは、マイクロキャビティや量子ドットの共振、マイクロコムのポンピング、コンポーネント試験や分光に最適な装置です。本シリーズの最も重要な機能は、モードホップを伴わない広帯域スイープ型波長調整の提供です。高出力、狭線幅および高い相対的/絶対的波長精度を誇ります。また広範囲な波長スキャンを行う際にも優れた波長分解性能を可能としています。このようなユニークな機能の組み合わせによって該当分野において高い評価を得ており、研究者は量子限界での測定が可能になっています。

モードホップはSMILE(Single Mode Intelligent Loop...

Bose-Einstein Condensation Awards 2021

The BEC Awards ceremony took place during this year’s conference Bose-Einstein Condensation (BEC) 2021. The winners of the TOPTICA BEC Awards are elected biannually by an independent scientific committee.

The TOPTICA Senior and Junior BEC Awards honor outstanding research in Experimental and/or...

Webinar: Protecting Your Lasers

15-09-2021   Edmund Optics and TOPTICA Photonics invite you to join this 45-minute webinar presented by Dr. Adam Heiniger, Optical Isolator Product Manager and Ultrafast Applications Scientist at TOPTICA Photonics, and Dr. Sara Castillo, Laser Optics Specialist at Edmund Optics. Join us for a joint...

強力な新型レーザーがフィールドテストに合格

31-08-2021 ヨーロッパ南天天文台(ESO)、TOPTICA Projects 、その他の業界パートナー が開発した強力な実験用レーザーが先月、ドイツのAllgaeuer Volkssternwarte...

すべての光子が重要 TOPTICAのアイソレータと

TOPTICA Photonicsは、紫外線から近赤外線までの光アイソレータを製造しています。いずれも前方向への透過率と逆方向への消光比においてトップクラス。トプティカのアイソレータはトプティカのレーザーのニーズを満たすよう、性能を重視して設計されています。

トプティカのアイソレータは、狭線幅、長可干渉距離を特徴とする当社レーザーの安定性を確保し、ワットクラスのレーザーや光アンプを有害な戻り光反射から保護します。ご要望によりフォームファクタや波長のカスタマイズも可能です。

トプティカは20年以上にわたり、狭線幅、単一周波数の外部共振器型半導体レーザーを提供してきました。レーザーのスペクトル...

半導体レーザー | 超高速ファイバーレーザー | テラヘルツシステム | 光周波数コム

トプティカフォトニクスは20年以上にわたり最高品質のレーザーシステムを開発・製造してきました。

これら製品は、研究用途、バイオフォトニクス、産業用光計測や量子技術のアプリケーションにて使用されています。TOPTICA社はレーザー市場における最も広範な波長190nm – 0.1THz(波長3mmに相当)をカバーし、またエキゾチックな波長においても高出力のシステムをご提供しております。