TOPO

中赤外分光計測・応用向け 広帯域チューナブル・高出力CWOPOレーザーシステム

  • 1.45 - 4.0 µm (2500 - 6900 cm-1)
  • 狭線幅: 2 MHz (1·10-4 cm-1)
  • ハンズフリーのモーターチューニング
  • モードホップフリーチューニングレンジ:300 GHz (10 cm-1
  • 使いやすい完全デジタルの DLC pro コントローラ

使いやすさと信頼性の高いパフォーマンスによりCW OPOは難易度の高いアプリケーションに新たなソリューションをもたらします。TOPOは、燃焼分析、微量ガス検出、超低温分子量子技術のための分子伸縮振動の分光アプリケーションに使用できます。その狭い線幅と安定性は、トプティカ社の周波数ロッキングエレクトロニクスと組み合わせて使用することで、キャビティリングダウン分光やNICE-OHMSなどの高感度技術にとって理想的な光源となります。近年、中赤外フォトニクスデバイスは、ガス検知、非線形周波数変換、中赤外周波数コム発生などの新しいプラットフォームとして登場しています。TOPOの中赤外における広い連続可変性は、このようなデバイスの特性評価を容易にし、TOPOを巨視的空洞に固定するために使用されるのと同じツールを集積フォトニック空洞にも適用することが可能です。また、TOPOは、中赤外光学部品やメタマテリアルの特性を評価する研究室の基幹ツールとして用いることも可能です。

トプティカ社で開発された革新的なTOPOはレーザーマーケットで唯一、完全に自動化されたCW単一共振光パラメトリック発振器レーザー光源として、その存在感を示します。 1.45 – 4.0 µm (2500 – 6900 cm-1) にわたる高分解能な中赤外分光法はかつてないほど容易になりました。

トプティカ社の OPOレーザシステムはPhotonics West展理化学用レーザー分野で Prism Awards 2019 を受賞しました!

 

Charakteristic Tuning Curve

Characteristic Tuning Curve