All Wavelengths.

190 nm - 0.1 THz

トプティカ社の製品は190nm~0.1THz(波長換算で3mm相当)における超広帯域のレーザー波長域をカバーしています。量子光学、分光学、バイオフォトニクス、レーザー顕微鏡、試験・光計測、材料検査などさまざまな用途に対応します。このユニークな波長域は、3つの主要な製品カテゴリーに基づいています:

 

190 - 4000 nm
卓越した波長変換テクノロジー

サブMHzの狭線幅、高精度、超広帯域な波長チューナビリティ、卓越した使いやすさは全てトプティカ社の波長可変半導体レーザーの重要な特性です。その超安定設計とデジタル制御電子回路により、優れた低ノイズとドリフト値を実現します。

390 nm - 15000 nm,
(3500 nm カスタマイズ) 5000 - 15000 nm

トプティカ社のパルスファイバーレーザーは、パルス幅25fsの超短パルス、出力5W以上を誇ります。レーザー媒質にはエルビウムやイッテルビウム添加ファイバーを用い、独自のモジュール設計コンセプトは、様々な波長モデル(1560 / 780 nm、VIS / NIRチューナブル出力、IR / NIRスーパーコンティニウム発生、広帯域MID IR)を生み出す基礎となっています。

0.1 - 6 THz (15 THz カスタム対応)

トプティカ社のテラヘルツソリューションは、ダイナミックレンジ、帯域幅、測定スピードの面で新時代の基準となるものです。これら製品群には、最高の信頼性と最先端の仕様を兼ね備えた、CWまたはパルステラヘルツ発生用の完全なシステムおよびコンポーネントが含まれています。

375 nm - 850 nm 。超小型。

トプティカ社のシングルモード半導体レーザーは、優れた光半導体技術、強固なオプトメカニカルエンジニアリングを、便利なコンピュータ制御とインテリジェントな保護機能を高度に組み合わせたものです。回折限界のTEM00出力と高安定のスペクトル特性、さらにオプションで堅牢なファイバーカップリングが用意されています。

193 - 785 nm。高精度・高出力

トプティカ社の単一周波半導体レーザーは、最先端の光半導体技術を採用し、ダイレクトダイオード方式としては最高レベルの単一周波数出力を実現しています。例えばTopMode 405 nmは100 mW、TopWave 266 nmは300 mWを提供し、いずれも業界最高水準の高出力と精度を誇ります

660 - 1495 nm。高出力

トプティカ社のテーパー型光アンプシステムは、MOPA(Master Oscillator Power Amplifier)方式を採用した高出力レーザー、または独立がの光アンプシステムとして提供されます。マスターレーザーの良好な単一周波数スペクトル特性を損なうことなく、優れたビーム品質で最大3.5Wの高出力に到達します。

190 nm - 4000 nm

トプティカ社の波長変換レーザーシステムは、第2、第4高調波発生により、深紫外から、青、緑、黄、オレンジの全てのスペクトル領域に高出力でアクセスします。チューニング可能な単一周波数システムは、190nmから4000nmの間の任意の波長で利用可能です。

405 nm - 640 nm 高出力・多機能

トプティカ社のマルチカラーレーザーコンバイナは、複数の波長をシームレスに統合したワンボックス型のレーザーシステムです。最大7波長を搭載し、各波長の切り替えがこれまでになく簡単になりました。また柔軟性と優れた操作性は全てのユーザーのシステム設計に簡単に組み込むことを可能とします。

420 - 2000 nm 究極の安定性

トプティカ社のオフセットフリー光周波数コムは、前例のない低ノイズ動作と無限の拡張性を実現しました。当社の全ての波長可変半導体レーザーと組み合わせることで、420nmから2000nmの任意の波長で究極的な周波数安定性をもったCWレーザーシステムとして運用が可能となります。

330 - 1625 nm 量子向けに。

量子技術応用・研究用のモジュール式でコンパクトな19インチレーザーラックシステムです。全てのユーザーのアプリケーションのご要望に応じ、パーソナルラックシステムに最適なモジュールの組み合わせをご提案します。新しいモジュールも簡単に追加することが可能です。


また、対応アプリケーションをさらに拡大した追加の製品ラインアップをご用意しています。これらの革新的なソリューションは、物理学、生物学、化学の分野における高度な実験を可能にするために特別に製作されたものです。基礎研究や複雑な産業開発プロジェクトにおけるマイルストーンの達成を当社が全力で支援します。

トプティカ社のレーザー製品群が可能にする幅広いアプリケーションの詳細については、ポスター「the poster "Laser Absorption in Physics, Chemistry & Biology」で見ることができます。このポスターでは、190~3500nmの波長範囲における、単一原子、半導体、分子ガス、分子、蛍光体(1PEおよび2PE)の中心吸収波長が示されています。

ポスターに表示されたすべての元素は当社のレーザーを用いて研究することが可能です。さらにトプティカ社の製品群は、その他の波長領域、すなわち最大3mmの波長領域でより多くの元素の光学的研究を可能にします。

ポスターの高解像度版は画像ファイルまたはPDFファイルでダウンロードすることができます。
また、このポスターの印刷物をお送りすることもできますのでお気軽にposter [at] toptica.comまでご連絡ください。