Laser Rack Systems

モジュールデザイン, Quantum Technology 2.0に最適化されたコンパクトな19”レーザーラックシステム

  • 高度なモジュラリティにより広範なアプリケーションに対応
  • 卓越したレーザーパフォーマンス
  • 産業向け実績で証明された信頼性
  • 多彩な機能

アプリケーションの多様化によりハイエンドクラスのレーザーシステムの用途はますます複雑化しており、市場投入までの時間が短く、アプリケーションに完全に特化することが求められています。さらに製造現場また実験室のスペースはしばしば制限され、レーザーシステムを柔軟に利用することが求められています。トプティカでは高度にモジュール化された、19インチサイズのT-RACKレーザーラックシステムでこれら全てのご要求に応えます。

T-RACK製品シリーズは、ハイエンドのレーザーシステムを産業用のフォームファクターに統合したもので、世界中の科学研究所に設置された数千台のトプティカ社レーザーから得られた独自の経験に基づいてデザインされています。

トプティカ社のレーザーラックシステムは量子コンピュータ、量子シュミレーション、量子センシング光量子時計、 量子コミュニケーションらを含む広範なレンジにおよぶ量子テクノロジーアプリケーションを完全にサポートするためにデザインされています。また干渉計測、レーザー分光などの既存の多くのアプリケーションをサポートしています。

All Wavelengths. More Power. Maximum Modularity.

波長可変半導体レーザーや光周波数コムなどの複数の製品シリーズがこの新しいフォームファクターで提供されます。レーザーの波長は330nmから1770nmまで、出力は最大で数ワットに達します。トプティカでは多様なアプリケーションの要求に応じて、モジュールシステムの最適な組み合わせを提案致します。またT-RACK は将来的に新しいモジュラーユニットやサブシステムを簡単に追加することが可能です。

No Compromise in Performance

トプティカのレーザーラックシステムは優れた安定性と使いやすさ、そして最大限の汎用性を目指して基本設計されています。その結果T-RACKに統合されたモジュラーレーザーシステムは当社の定評あるテーブルトップシステムと同様に究極の光学性能を達成しています。全てのレーザー光はシングルモードの偏光保持ファイバーから出射され、必要な場所に柔軟にレーザー光を引き回すことが可能です。

Convenient Remote Control

全てのモジュール型レーザーシステムは長年の実績のある多機能で便利なデジタルレーザーコントローラーDLC prにより制御されます。DLC proはタッチスクリーンによるローカルアクセスとイーサネットによる完全なリモートコントロールを提供します。また周波数コムのような複雑なシステムも1つの制御ウィンドウからリモートコントロールできます。

Just works

高度に統合されたT-RACKレーザーラックシステムは実験室内のスペースを節約し、レーザーシステムの可動性を確保するだけではありません。TOアプリケーションに完全にマッチしたビルディングブロックにより、設置したその日からシステム全体が確実に機能することを保証します。


システムコンポーネント:


モジュール型単一周波数半導体レーザー

  • 1スロットで最大4台の波長可変レーザーまたDFBレーザー光源をサポート
  • 対応波長レンジ: 369 .. 1770 nm

モジュール型光アンプ単一周波数半導体レーザー

  • 1スロットで最大2台の光アンプ半導体レーザーをサポート
  • 対応波長レンジ: 660 .. 1495 nm

モジュール型SHG半導体レーザー

  • 高効率SHG共振器デザイン
  • 対応波長レンジ: 330 .. 780 nm

モジュール型 DFC光周波数コム

  • 超小型, 堅牢, 高性能と簡単操作を両立
  • 対応波長レンジ: 420 - 2000 nm

モジュール型光学ブレッドボード

  • 自由にデザイン可能な光学ブレッドボード
  • 耐振動機能を備えた引き出しデザイン

19“ 専用レーザーラック

  • モジュール型パワーエントリーユニット(MPE)搭載
  • 冷却ファン非搭載の温度コントロール

上記以外にもレーザーラックシステムには、光波長計、スペクトロメータ、各種周波数ロッキング用エレクトロニクスなどのオプションを追加可能です。