TOPTICA Photonics AG - A passion for precision - www.toptica.com

DL pro

Tunable diode laser with digital control DLC pro

  • 独自特許技術 pro design を採用した波長可変半導体レーザー
  • 温度変化また音響ノイズに対して超高安定
  • 新登場 DLC pro デジタルコントローラ: さらに低ドリフト & 狭線幅に
  • フリー発振で線幅最小 10 kHz を達成
  • 外部リファレンス共振器を用いることで線幅 1Hz以下も可能

トプティカ社の DL pro は究極の波長可変レーザーです。革新的なメカニカルデザインは容易な操作性と究極の安定性を同時に実現しました。完璧に配置された波長選択グレーティングの仮想ピボットポイントにより最大の出力、最適化されたモードホップフリー波長チューニングが可能です(特許技術:DE 10 2007 028 499 および US 7970024)。 

またDLC pro デジタルコントローラとセットで用いこるとにより他に類を見ない狭線幅と低ドリフトを可能としました。全ての操作は直観的なユーザーインターフェイスから容易に行うことが可能です。よりコスト性を重視したSYST シリーズアナログコントローラもご用意しています。 ソフトウェアライセンス を合わせてご購入頂く事により様々な周波数ロッキング機能を利用することが可能です。

DL pro HP 半導体レーザーは可視域での高出力な単一周波数発振を可能にする特別な共振器デザインを採用しています。DL proと同様に外部共振器半導体レーザー (ECDL) 構造を用いており2つのモデルともに様々な変調入力機能、またファイバ出力、ビーム形状補正など多くのオプションをご用意しています。コスト性を重視した Sys DC 110 アナログレーザーコントローラでの制御も可能ですが優れた性能をお求めの場合、また特にDL pro HPシリーズをご利用の際には DLC pro デジタルコントローラの使用を推奨いたします。

原子またイオンのレーザー冷却などポピュラーなアプリケーション向けに直接的なソリューションを提供する TOPSellersシリーズをご用意しています。 このシリーズではDLC pro デジタルコントローラと DL pro または DL pro HPレーザーヘッド、および最適な光アイソレータを組み合わせて提供されます。またオプションとしてファイバ出力オプション、周波数ロッキング用ソフトウェアライセンスキーも合わせてご提供可能です。

DL proシステムではARコート付き半導体レーザーおよびファブリペロー半導体レーザー在庫リストにある全ての半導体レーザーが利用可能です。対応可能な波長レンジの情報の詳細は下記をご参照下さい。

 

DLC DL pro TOPSellers では以下の波長をご提供しています:
850, 780, 670, 633 nm.

DLC DL pro HP TOPSellers では以下の波長をご提供しています:
637, 461, 420, 399, 397, 369 nm.

TOPSeller シリーズの詳細は下記のコラムをご参照下さい。その他の対応可能な波長ラインナップはARコート付き半導体レーザーおよびファブリペロー半導体レーザー在庫リストをご参照下さい。

  • DL pro
  • DL pro
  • DLC DL pro
  • Specification

      DLC DL pro DLC DL pro HP
    対応可能な波長レンジ 369 .. 519 nm *, 628 .. 1770 nm * 369 .. 519 nm *, 633 .. 641 nm
    典型的なパワー値 10 .. 300 mW 15 .. 110 mW (アイソレータ後)
    波長粗調整レンジ (典型値) 2 .. 100 nm 2 .. 5 nm
    モードホップフリーチューニングレンジ (典型値) ≥ 20 GHz
    発振線幅 (5 µs 積算時間、典型値) 10 .. 300 kHz 150 .. 500 kHz

    出力ビーム特性 (典型値) 3 mm x 1 mm 2 mm x 1 mm
    偏光特性 (典型値) 直線偏光, > 100:1
    ASEノイズレベル (典型値) < -40 dB
    光アイソレータ オプション対応 内蔵, > 30 dB
    ファイバ結合効率**: 最小値. (典型値) 55 (65) %
    Beam shaping pro を用いた場合のファイバ結合効率**: 最小値. (典型値) 65 (75) %
    室温下での長時間周波数安定性(典型値)  << 100 MHz / K
    レーザーヘッド外形寸法 (H x W x D) 90 x 90 x 240 / 300 mm³ *** 90 x 90 x 240 mm³
    レーザーヘッド重量 2.8 - 4.4 kg  2.8 - 3.5 kg
    コントローラ外形寸法 (H x W x D) 154 x 450 x 348 mm³
    コントローラ重量 8.0 kg
    電源仕様 100 .. 240 V~, 50/60 Hz (ワイドレンジ入力) 
    消費電力 < 35 W, max. 250 W (典型値)
    PC インターフェイス (PC GUI ソフトウェア) イーサネット, USB, アナログ制御
    環境温度 15 - 30 °C (動作時), 0 - 40 °C (保管および輸送時) 
    環境湿度 結露無きこと

    * 一部対応できない波長ギャップがあります。
    **TOPTICA社FiberDockを使用した値。結合効率は短波長LDまた楕円率の大きいLDでは低下する場合があります。
    ***標準の長さはD=240 mmとなります。仕様上必要な際は工場でD=300 mm品を選択使用致します。 
    仕様の詳細に関しましてはこちらからお問合せ下さい
    仕様は事前の予告無しに変更される場合がございます。

  • Additional Top Seller

    DLC DL pro ...
    850

    780

    670
    HP
    637

    633
    HP
    461
    HP
    420
    HP
    399
    HP
    397
    HP
    369
    典型的なアプリケーション Cs cooling, Ca ion repump Rb cooling and repump, K cooling and repump Li cooling and repump NV center, Yb ion clear out laser HeNe laser wave-
    length
    Sr cooling, Cs Rydberg,
    K Rydberg
    Ca cooling, Sr ion cooling, Rb Rydberg Yb cooling Ca ion cooling Yb ion cooling
    アイソレータ後のピーク出力(mW)。仕様値と(典型値) 70 (75)* 105 (130)** 25*** 45 (50) 40 110 70 110 65 13
    波長レンジ (nm) 840 - 875 765 - 805 660 - 673 635 - 639 631 - 635 457 - 461 420 - 423 399 - 400.5 396.5 - 398.5 369.2 - 370.2

    発振線幅 (kHz @5 µs積算) 100 50 600 500 200 150 150 150 150 150
    内蔵光アイソレータ > 60 dB > 60 dB > 60 dB > 35 dB > 60 dB > 35 dB > 35 dB > 35 dB > 35 dB > 28 dB
    偏光特性 直線偏光, 水平, 偏波消光比100:1
    FiberDockとのファイバ結合効率 (オプション対応)。仕様値と(典型値) 55% (65%)
    内蔵LDの交換 ユーザーにて可能 工場返送 ユーザーにて可能 工場返送
    通常在庫 在庫有り 在庫有り 要確認 要確認 要確認 要確認 要確認 要確認 要確認 要確認
    DLC TA pro または BoosTA を使用した高出力化 対応可 対応可 対応可 不可 不可 不可 不可 不可 不可 不可
    with DLC TA-SHG proを使用した更なる高出力化 不可 不可 不可 対応可 対応可 対応可 対応可 対応可 対応可 対応可

     

    *アイソレータ後の出力の詳細仕様:
    840 - 842 nm: > 50 mW, 842 - 850 nm: > 65 mW, 850 - 875 nm: > 70 mW, 875 - 877 nm: > 65 mW

    **アイソレータ後の出力の詳細仕様:
    765 - 771 nm: > 40 mW, 771 - 780 nm: > 60 mW, 780 - 795 nm: > 75 mW, 795 - 800 nm: > 105 mW, 800 - 805 nm: > 75 mW

    ***アイソレータ後の出力の詳細仕様:
    660 - 666 nm: > 15 mW, 666 - 670 nm: > 25 mW, 670 - 673 nm: > 15 mW

  • Additional Information
  • Options

    狭線幅オプション このオプションを用いることによりDL proレーザーシステムの線幅を狭帯化します。TA pro光増幅器レーザー、NLO 波長変換レーザーのシード光にも適用可能です (DL pro HP シリーズでは使用できません)。

    ファイバ出力オプション (FiberDock)

    特許取得済みの独自技術を用いたトプティカ社のファイバ結合器はシングルモードファイバへの高い結合効率、 容易な光軸調整また同時に高い安定性をご提供します。また豊富なシングルモードファイバ、偏波面保存ファイバ、 ファイバスプリッタをご用意しています。ファイバ出力をご希望の際は合わせて光アイソレータが必要となります。

    光アイソレータ

    光アイソレータは戻り光反射から半導体レーザーを保護します。 恒久的なダメージを防ぐだけでなく安定したシングルモード動作および波長チューニングにも寄与します。 角度付研磨(両端)された光ファイバと結合する際には少なくともシングルステージ光アイソレータ(30dB)が必須となります。  ダブルステージ光アイソレータは実験系からの強い戻り反射光が懸念される際に必要となります。 PCなど角度を持たない研磨を持つ光ファイバと結合する際にもダブルステージ光アイソレータ(60dB)は必須となります。

    ビーム形状補正

    アナモルフィックプリズムペア(APP)またはシリンドリカルレンズを用いて楕円形状のビームを円形形状に補正します。十分に小さなビームに圧縮することにより廉価で小さい開口径の光アイソレータでの使用が可能になり、またファイバとの結合効率をおよそ10%向上することが可能になります。圧縮率は工場出荷前の設定となります。

    モータ制御オプション 波長の粗調整のためのモータ制御オプションはマニュアル制御またはソフトウェアを用いたPC制御が可能です。このオプションはほとんどのDL pro HPを含むDL proレーザーでご利用可能です(ほとんどのARコート付きLD、ファブリペロー型LDに利用可能です)。 
    Bias-Tオプション

    DL pro (HP) は最大150 MHz周波数の電流変調を可能にする2つの変調入力ポートを持ちます。Bias-Tを用いることで最大数GHzの電流変調が可能になります(各半導体レーザー素子により仕様は異なります)。TA pro光増幅器レーザー、 NLO 波長変換レーザーのシード光にも適用可能です。

    制御エレクトロニクスモジュール 周波数安定化に用いる様々な周波数ロッキングモジュールをご用意しています。

  • Applications

  • Downloads

  • Literature

  • Related Products

    • DLC pro: フルデジタル電源コントローラ。超低ノイズと直感的なマルチタッチユーザインターフェース
    • CTL: モードホップフリー高速波長可変半導体レーザー
    • DL 100: コスト重視のリトロー型外部共振器半導体レーザー。Hansch デザインを更に改良。
    • DFB pro: 狭帯域モードホップフリーチューニング半導体レーザー。
    • TA pro: テーパ型光増幅器内蔵 PROシリーズ外部共振器半導体レーザー
    • BoosTA pro: 独立型テーパ型光増幅器システム
    • Frequency converted diode lasers 波長変換外部共振器半導体レーザー (DUV波長対応)
    • Laser Locking Electronics: 周波数安定化のための様々なエレクトロニクスモジュール
    • AR, FP, and DFB Laser Diodes: ARコート付き、ファブリペロー型、DFB半導体レーザー 豊富なPhotonicals (光アクセサリー製品)をご用意。ファブリペロー干渉計など様々なレーザー実験に
    • HighFiness 高精度光波長計