波長変換半導体レーザー

第二高調波 と 第四高調波

非線形波長変換技術は半導体レーザーの直接発振では得られない波長領域へのアクセスを可能とします。第二高調波(SHG)または第四高調波(FHG)発生技術を用いて紫外、青色、緑色、黄色またオレンジ色の波長を持つ各レーザーで高出力を得ることが可能となりました。トプティカ社では190 nmから4000nmの広い波長レンジで波長可変かつ単一周波数発振のレーザーをご提供致します。当社独自の pro technologyは超高安定なシードレーザー、半導体アンプまたはファイバーアンプを用いた出力増幅システム、波長変換部における最適化されたボウタイキャビティーデザインなど様々な技術を包括し当社のレーザーシステムに活かされています。

 WavelengthOutput powerTypical tuning rangeTypical mode-hop-free tunabilityTypical linewidth
(5 µs)
TOPO1450 - 4000 nmUp to 4 W1450 - 4000 nmUp to 300 GHz< 2 MHz
SHG pro190 .. 800 nmUp to 20 W1 - 15 nm> 20 GHz< 500 kHz
MSHG pro330 .. 780 nmUp to 2000 mW2 .. 20 nm> 20 GHz< 500 kHz
DL-SHG pro210 .. 680 nm1 .. 50 mW2 .. 15 nm> 20 GHz< 500 kHz
TA-SHG pro330 .. 780 nmUp to 2000 mW2 .. 20 nm> 20 GHz< 500 kHz
TA-FHG pro190 .. 390 nmUp to 700 mW1 .. 10 nm> 40 GHz< 500 kHz