TA pro

Tapered Amplifier Laser System

  • PROテクノロジー を採用したMOPAデザインを採用
  • 豊富な波長ラインナップ (660 - 1495 nm)
  • 高出力, 最大 4 W
  • 高い安定性と簡易な操作性を両立
  • DLC pro フルデジタルコントローラ

TA pro はトプティカ社高出力半導体レーザーソリューションにおけるフラッグシップ製品です。テーパアンプを利用した光増幅技術は優れたビーム品質と高出力を両立させるだけでなく、PROシリーズマスターレーザーのスペクトル特性の保存も同時に可能にします。TA proシリーズは長年にわたり多数の実績を誇るTA 100シリーズをさらに改良した最新のバージョンになります。究極の安定性、直観的な操作性を可能にし他に類を見ない優れた性能はトプティカ社だけでなく多くの研究所で実証されています。

DLC TA pro はトプティカ社独自技術を採用した DLC pro フルデジタルコントローラで制御されます。最小限に抑えられたノイズおよびドリフト、最大10Aを誇るアンプ用駆動電流、TAチップへの電気的な保護回路など特筆すべき多くの機能を1台に搭載しています。コストを抑えた実験には SYS DC 110 アナログレーザーコントローラもご用意しています。

  • TA pro
  • DLC TA pro
  • Specification
      一般仕様 TopSellerシリーズ (not configurable)
      DLC TA pro 670 765 780 795 850
    波長レンジ(nm) 660 .. 1495* 662 .. 673 760 .. 775 765 .. 795 780 .. 800 845 .. 870
    最大出力(W) 3.5 0.5 3 4 3.5 3
    ビーム品質 M²

     1.5
    (一部の高出力チップでは< 2.0 となります)

    < 1.5 < 2.5 < 2 < 2 < 2
    モードホップフリーチューニングレンジ(典型値、GHz) 20 - 50
    波長チューニングレンジ(典型値) 10 .. 50 nm
    発振線幅 (5 µs積算時間、典型値) 10 .. 300 kHz (DL pro master), 0.5 .. 4 MHz (DFB/DBR master)
    偏光特性 直線偏光、 > 100 : 1
    ASE ノイズレベル(典型値) < -40 dB
    ビーム拡がり角 < 1 mrad
    ビーム光軸高さ 50 ± 1 mm
    光アイソレータ 入力側: 60 dB 内蔵, 出力側: オプション対応、30 または 60 dB
    ファイバ結合 メイン出力およびプローブ用出力: オプション対応
    出力ファイバ結合効率** 最小値 (最大値) 50 % (60 %)
    モニター用フォトダイオード 内蔵(シードレーザー用および出力ビーム用)
    周波数変調オプション 内蔵
    強度変調オプション TA-Mod 内蔵
    制御エレクトロニクス DLC pro (フルデジタルコントローラ)
    最大駆動電流(TA) 5 A
    最大駆動電流(TA-HPモデル) 10 A
    タッチ&リモートコントロール機  
    周波数ロッキングオプション DLC LOCK, またはDLC extを用いた外付けモジュール
    レーザーヘッド外形寸法 (H x W x D) 90 x 192 x 400 mm³
    レーザーヘッド重量 9.5 kg
    コントローラ外形寸法 (H x W x D) 154 x 450 x 348 mm³
    コントローラ重量 8.5 kg
    電源仕様 100 .. 120 V / 220 .. 240 V AC, 50 .. 60 Hz (自動検出)
    消費電力 70 W、典型値
    PC インターフェイス イーサネット, USB
    環境湿度 15 - 30° C (動作時), 0 - 40° C (保管および輸送時)
    環境湿度 結露無きこと

     *一部対応できない波長ギャップがございます。
    **TOPTICA社FiberDockを用いた際の値。光アイソレータ内蔵が別途必要です。
    仕様は事前の予告無く変更になる場合があります。

  • Additional Information
  • Options
    光アイソレータ / シングルステージ
    光アイソレータは戻り光反射から半導体レーザーを保護します。 恒久的なダメージを防ぐだけでなく安定したシングルモード動作および波長チューニングにも寄与します。 角度付研磨(両端)された光ファイバと結合する際には少なくともシングルステージ光アイソレータが必須となります。
    光アイソレータ / ダブルステージ
    ダブルステージ光アイソレータは実験系からの強い戻り反射光が懸念される際に必要となります。 PCなど角度を持たない研磨を持つ光ファイバと結合する際にもダブルステージ光アイソレータは必須となります。
    FiberDock
    特許取得済みの独自技術を用いたトプティカ社のファイバ結合器はシングルモードファイバへの高い結合効率、 容易な光軸調整また同時に高い安定性をご提供します。また豊富なシングルモードファイバ、偏波面保存ファイバ、 ファイバスプリッタをご用意しています。ファイバ出力をご希望の際は合わせて光アイソレータが必要となります。
    周波数ロッキング & その他のエレクトロニクスモジュール DLC proデジタルコントローラ用に専用の DLC pro LOCK オプションをご用意しています。従来のSYS DC 110用のDigilock等をDLC ext を用いて制御することが可能になりさらに充実した周波数制御、安定化、ロッキングを行うことが可能です。
    DFB マスターレーザー 広範なモードホップフリーレンジを持つDFB半導体レーザーをマスターオシレータとして使用することが可能です。
  • Applications
  • Downloads
  • Literature
  • Related Products
    • BoosTA & BoosTA pro: 独立型光半導体増幅器
    • DLC pro: フルデジタル電源コントローラ。超低ノイズと直感的なマルチタッチユーザインターフェース
    • CTL: モードホップフリー高速波長可変半導体レーザー
    • DFB pro: 狭帯域モードホップフリーチューニング半導体レーザー
    • Frequency converted diode lasers: 波長変換外部共振器半導体レーザー (193nm DUV波長対応)
    • AR, FP, and DFB Laser Diodes: ARコート付き、ファブリペロー型、DFB半導体レーザー
    • Photonicals: 豊富なPhotonicals (光アクセサリー製品)をご用意。ファブリペロー干渉計など様々なレーザー実験に