LIDARシード光源用レーザー

LIDAR用半導体レーザー

 

  • 地質学
  • 地震学
  • リモートセンシング
  • 大気物理学
  • TOPTICA社が提供する付加価値

LIDARアプリケーション

LIDAR(light detection and ranging)は、遠方ターゲットの領域やその他情報を調査するために、散乱光の特性を解析する光学的リモートセンシング技術です。多くのLIDARアプリケーションでは、そのタイミング分解能と高い出力が必要なためパルスレーザを使用します。そして多くの場合、これらのパルスレーザは非常に正確な波長で発振する必要があります。所望の波長安定性を達成するために、安定したレーザ光でパルスレーザを励起するために cw 半導体レーザー を使用します。シードレーザは、ファブリーペロー干渉計、波長計、または原子遷移のような外部レファレンスにロックされることもあります。レーザー測距では、対象物までの距離は「飛行時間」、つまりレーザーパルスが送信者から対象物まで移動して戻ってくるまでにかかる時間を測定することによって決定されます。ある原子や分子の遷移に共鳴するレーザーパルスの時間遅延と散乱強度の両方を測定することで、その密度の空間(距離)依存性を測定することができます。特に、LIDAR技術は、地質学、地震学、リモートセンシング、大気物理学に応用されています。

TOPTICA社の価値

トプティカ社では、LIDARに最適なCW励起光用レーザと外部リファレンスをご提供可能です。極めて狭い線幅、高い周波数安定性、比類のない波長の選択性により、トプティカ社の研究用レーザは、LIDARで使用する高出力パルスレーザ用の理想的なシーダとなります。安定性の高いFiberDockを用いたファイバーカップリングにより、レーザ光を簡単に取りまわすことができます。また、高性能・高安定な波長計、ファブリーペロー干渉計(FPI 100)、分光セルや分光モジュールなどの外部リファレンスに、CW半導体レーザをロックさせるためロッキングモジュールも提供しています。