最新ニュース

最新のレーザーシステムやアプリケーション、会社の最新情報などを紹介しています。見出しをクリックすると、記事全体を読むことができます。

LinkedInでフォローすれば、更新情報を見逃すことはありません。

ǀ Company News

TopWave 229 - 深紫外ラマン用産業用CWレーザー

228.5 nmで優れた寿命を持つ、ユーザーフレンドリーなターンキー単周波レーザー

TOPTICA は、ミュンヘンで開催された analytica において、産業用深紫外レーザーの新ラインアップ TopWave 229 を発表しました。TopWave 229…

続きを読む

ǀ Company News

クラース・バーグマン、ソフィア大学から名誉博士号を授与される

クラース・バーグマン名誉教授に栄誉ある賞を授与

このたび、レーザー分光の分野で先駆的な研究を行い、注目を集めた独創的な実験物理学者であるKlaas…

続きを読む

ǀ Company News

TOPTICAブランドイメージを一新

新しい企業ロゴとブランドデザインで継続的な成長路線をサポート

TOPTICAはこれまで以上に力強く、フレッシュな装いになりました。新しいブランドデザインは今年ミュンヘンで開催された国際会議 Laser World of Photonicsで初めてお披露目されました。

続きを読む

ǀ Company News

研究開発部門の新責任者に就任

Dr. Reto HäringがTOPTICAの 研究開発部門の新責任者に就任 成功の決定的な鍵はイノベーション力にあり

2022年3月21日付けで、Dr. Reto HäringがTOPTICA Photonics…

続きを読む

[Translate to Japanese:]
ǀ Company News

深紫外ラマン分光法:サンプルにダメージを与えることなく免疫グロブリンを測定

トプティカの産業アプリケーション向けCWレーザーTopWave 229が 新しい深紫外ラマン分光装置ODINを実現

ODINとは、IS-Instruments(ISI)とトプティカがバイオ医薬品の測定を目的に共同で新たに開発した、コンパクトで高い信頼性を誇る深紫外共鳴ラマン分光装置です。 

続きを読む

ǀ Product News

神経科学用レーザー

2光子蛍光顕微鏡は神経科学におけるバイオイメージングの主要技術となりました。これにより生体に影響を与えることなく、神経の構造や活動を立体的に、しかもサブミクロン単位で観察可能です。2光子蛍光顕微鏡のコントラストメカニズムでは、緑色または赤の蛍光タンパク質(いわゆるGFPとRFP)を2光子ずつ赤外線範…

続きを読む