単一周波数半導体レーザー

パワー、コヒーレンス、安定性

トプティカ社の単一周波数半導体レーザー(狭線幅レーザー)は最先端の光半導体技術を採用し、単一モードとして世界最高クラスの高出力を誇る様々な半導体レーザーをご提供致します。一例としてTopMode 405 nmレーザーでは100mW以上の単一周波数出力を実現しこれは産業用レーザーとしては記録的な値です!

また周波数変換半導体レーザー技術を用いた UV / RGBソリューションをご用意しておりワットクラスの高出力をご提供することが可能です。当社の単一周波数レーザーシリーズは狭線幅を特徴としており長いコヒーレンス長を得ることが可能です。全てのモデルは優れた波長および出力安定性を持ち、またTEM00の空間モードを兼ね備えています。

Even Watt-class UV/RGB solutions are provided by frequency-converted diode lasers. TOPTICA's single-frequency lasers feature a narrow spectral width, translating into a long coherence length. All models exhibit an excellent stability of wavelength and output power, combined with TEM00 operation mode.

 WavelengthMax. Output PowerOperation Linewidth
iBeam smart WS633 nm
638 nm
685 nm
785 nm
40/70 mW
30 (120) mW
45 mW
120 mW
cwTEM00, single frequency, coherence length > 5 m< 25 MHz
TopMode405 nm50 (100) mWcwTEM00, single frequency, coherence length > 25 m< 5 MHz
TopWave 405405 nm1 WcwTEM00, single frequency, coherence length > 100 m< 1 MHz
TopWave 266266 nm150 / 300 mWcwTEM00, single-frequency, coherence length > 100 m< 1 MHz
XTRA II785 nm300 / 500 mWcwTEM00, single-frequency, coherence length > 10 m< 10 MHz