FemtoFiber ultra 920

2光子顕微鏡、及び神経科学用フェムト秒レーザー

• 独自開発のクリーン-パルス技術による明るい画像
•  AOM 及び GDD内蔵の完全ターンキー操作
• 完全空冷ノイズレス設計により実験動物のストレス低減
• コンパクトなレーザー設計により貴重なテーブルスペースの節約
• 堅牢&信頼性のあるファイバレーザー技術のより低コストでの導入可能

2光子顕微鏡では、ピークパワーは明るさに比例します! 最高の画像の明るさを求める場合、超短パルス、高出力、そして最も重要なのはクリーンな時間的パルス形状が必要です。
十分な出力パワー、超短パルス、そして当社独自のクリーン-パルス技術を備えたFemtoFiber Ultra 920は、最高の相対的ピークパワーを特徴としており、サンプルへの不要な熱を与えることなく2光子顕微鏡で比類のない明るさを実現します。
ターンキーで直感的な操作、さらにGDDおよびAOMを内蔵することで非常に使いやすいシステムとなっており、ユーザーは研究に集中することができます。
定期的なメンテナンスや調整を必要をしないトプティカ社の堅牢、且つ信頼性のあるファイバレーザー技術は、レーザー光源を低価格で導入することが可能です。更に、弊社のノイズレス&コンパクトなレーザー設計により実験動物のストレスを低減すると同時に貴重なテーブルスペースを節約できます。

 

FemtoFiber ultra 920 の発振波長920 nmはGFP, eGFP, Eosin, GCaMP, CFP, Calcein またはVenus.のような標準的な蛍光標識試薬(色素)の2光子励起に最適な波長です。

Request a quotation Request a demo