Difference Frequency Comb (DFC)

コンパクト, 堅牢, ハイエンド,使い勝手の良さ

トプティカ社の周波数コム製品は、差周波発生(DFG)に基づく当社独自のCERO技術を採用しています。本質的に安定なfCEO、高い堅牢性、ハイエンドなパフォーマンス、便利なユーザーインターフェースをコンパクトなフォーマットで実現しています。

量子技術における差周波コムの応用

周波数コムは、絶対周波数の測定や特定の周波数にCWレーザーを安定化させるために使用されています。例えば冷却原子試料の遷移を促進するためなどに使用されます。波長可変半導体レーザーを周波数コムに安定化させることは、複雑化する光量子技術のアプリケーションに対応するための信頼性の高い方法です。

  • DFC Complete System

コンパクト|堅牢|ハイエンド|使い勝手が良さ

コンパクト: エレクトロニクスが本体に内蔵。完全自己参照型周波数コム。19インチラックに対応。

堅牢: ロック中・・・!
DFCの48時間ライブ

ハイエンド: 10-21レベルの安定性
文献へのリンク

使い勝手の良さ: シングルウインドウから全てをコントロール
ビデオ (4:30) 

DFC System Components

  • 波長 1560 nm
  • frep=200 または  80 MHz
  • 全てのエレクトロニクスを本体に内蔵
  • 4 or 8チャンネルのオフセットフリー出力

  • 対応波長レンジ: 420 - 2200 nm
  • 全てのトプティカレーザーにロック可能
  • 堅牢 & 高信頼性
  • アップグレード可能なモジュール方式

  • 高安定
  • コンパクト
  • 高い自由性
  • ファイバー結合

  • DL pro から DFCへの位相周波数ロッキング
  • 光リファレンスへの位相周波数ロッキング

差周波コムのアプリケーション, オプティカルクロック, マイクロウェーブ生成, 計量計測

トプティカは、量子テクノロジー分野での時間短縮、使いやすさへの要求に対してのソリューションとして総合的なレーザーシステムをご提案します。オプティカルクロックにおいて、周波数コムは精密に、また高性能レーザーの周波数からクロックの周波数へ絶対的な安定性を供給するために使用されます。低ノイズマイクロウェーブ生成においては、周波数コムは、位相が揃った状態で超安定光学信号をマイクロウエーブ領域に分配するために使用されます。高レベルの純度により、レーダ―システム、テレコミュニケーション、時間-周波数計測に非常に魅力的です。低ノイズ性能と唯一無二の堅牢さを持つDFCはこれらアプリケーションの1番目の選択儀になります。その他アプリケーションでは、周波数伝搬、高精度分光、デュアル及びダイレクト周波数コム分光、光センシング、距離測定、干渉分光、レーザーノイズの特徴化、その他多種多様なアプリケーションにDFCは最適です。