FemtoFiber pro TVIS

波長可変可視域フェムト秒ファイバーレーザー

  • 波長可変可視域ファイバーレーザー @ 488 – 640 nm
  • 選択的第二高調波発生プロセスによる高いスペクトラム純度
  • SAM モードロッキング, 偏波保持ファイバーベースMOPAシステム
  • 堅牢かつ信頼性のある設計、押しボタン式操作
  • 空間出力

FemtoFiber pro TVISは、FemtoFiber proシリーズの中で、可視域(488nm - 640nm)で波長可変のサブピコ秒パルスのモデルです。非常に堅牢なSAMモードロックマスターオシレーターと出力増幅器で構成されています。高非線形ファイバー(HNLF)によるスーパーコンティニュウム光は、手動で調整できる第二高調波発生結晶により周波数変換されます。2つのモーター制御されたプリズム圧縮機により、スーパーコンティニュウム光の調整とパルス幅の最適化が行えます。波長のチューニングは、手動のマイクロメータースクリューにより行われ、ファンアウト構造の結晶により連続的に波長を可変出来ます。

VAR: レーザー繰り返し周波数可変オプション 

  • オシレーターユニットに対応、 繰り返し周波数の変調が可能
  • 高速ピエゾコントロールによる共振器長を調整、共振周波数 > 1 kHz
  • 自動ステージによる低速コントロール、チューニングレンジtyp. 200 kHz (標準繰り返し周波数± 100 kHz)

LRC: レーザー繰り返し周波数コントロールオプション 

  • 外部リファレンス信号或いはリファレンス用レーザーシステムへのレーザーパルス列同期用、位相ロックループ用エレクトロニクス
  • RMS ジッター < 200 fs
  • パワーサプライ付属コンパクトエレクトロニクスラック
  • USBインターフェース、コントロールソフトウェア

TNIR: FemtoFiber pro UCP 或いは TVISへの増設オプション(two-in-one system)

  • 波長チューニングレンジ 830 - 1100 nm
  • 平均出力 1 - 5 mW (波長依存)
  • パルス幅 < 200 fs
  • 繰り返し周波数 80 MHz 標準
  • 直線偏光 > 95% (水平)
  • ビーム形状 TEMoo, M² < 1.2
  • ビーム拡がり角度 < 1 mrad
  • 出力形態: 空間出力

Option TNIR Dual-crystal option: 交換可能な2つの結晶によるチューニングレンジ拡張 488 - 700nm Short-pulse option: 全チューニングレンジにおけるパルス幅圧縮 <150fs

  • Applications
    • 蛍光寿命イメージング顕微分光
    • ワイドな波長可変域を持つ可視光源
    • ポンププローブ分光 (セカンドシステム/マルチビーム構成の組み合わせによる)
  • Downloads
  • Literature
  • Related Products