FemtoFiber Terahertz Freeze

極低温テラヘルツ分光のためのファイバ結合レーザーシステム

  • 同期された2つの出力: 780 nm, 8 mW, < 300 fs each
  • ポンプ・プローブ遅延時間 最大 500 ps
  • クライオスタットにおける温度誘起分散変化の補償
  • 強度変調/ビームブランキングのための高速AOM
  • SAMモードロック、PMファイバベースのMOPAシステム
  • 高安定 & 高信頼性デザイン、ボタンを押すだけの簡単操作
  • ファイバ結合出力

テラヘルツ分光法はフォノン、プラズモン、励起子などの低エネルギー素励起の特性とダイナミクスに対する基本的かつ新しい洞察を提供します。一方で極低温環境下において光学測定を行うことはクライオスタット壁ウィンドウにおける光パワー損失およびテラヘルツパルスの時間歪みのために困難を伴います。FemtoFiber Terahertz Freezeは波長780 nmでのクライオスタット内テラヘルツ発生と検出のための最初の全ファイバソリューションを提供します。このシステムは完全自動化されておりAOMを使用したパルス変調とブランキング、完全な分散制御、および光導電または電気光学(EO)サンプリング用のファイバベースの遅延ラインを備えています。

  • Specification

    発振波長 各 780 nm
    出力 各 8 mW 
    パルス幅 各 < 300 fs 
    パルス繰り返しレート 30 MHz
    出力結合 2x FC/APC ファイバ結合出力