COOL (constant optical output level)

ファイバ出力半導体レーザのための”ハンズオフ”ソリューション

  • Schematic of COOL-AC Technology
  • Schematic of COOL-DC Technology

COOLテクノロジ(Constant Optical Output Level)は高出力シングルモード半導体レーザと光ファイバを結合し恒久的に光軸調整を不要にするためのユニークなソリューションです。レーザ発振器から出力されたビームを非常に小さなコア径しか持たないシングルモードファイバー(最小で2.5μmのコア径)に集光・アライメントした場合、ビーム位置の変動、ビームパスの偏差、またファイバーマウントにおける例え微少な熱的または機械的ドリフトでも結合効率の大幅な損失の原因につながります。これまで多くの場合レーザ出力を再調整するために熟練者による手動の再調整が繰返し必要とされていました。

トプティカ社のCOOL(特許出願中)のファイバ結合コンセプトは通常は熱的または機械的影響により最初に動く機械的な微調整部品を使用していないことにより革新的な安定性を実現しています。主要な光学部品は全て堅牢に固定されており、機械的および熱的なひずみまたは素動に影響を受けません。

2つのバージョンのCOOLテクノロジが用意されています

COOLDC:

  • OEM用半導体レーザ向けのあらかじめ調整済みのソリューション(iBeam smart PTに内蔵)
  • 恒久的なファイバ結合効率が50%以上になるようにファクトリセット
  • 15 - 35 °C環境下において熱影響を最小限に抑える設計
  • 機械的な外乱要因に対して十分なマージンを設け、影響を最小限化する設計
  • ドロップシップメント保証:開梱したその日から最大のパフォーマンス製品を使用できます

COOLAC:

  • COOLDCの基本性能を全て搭載
  • 自動キャリブレーション機能を搭載
  • 50%以上のファイバ結合効率をボタンを押すだけの操作で完全再現
  • マルチ波長レーザソリューションに理想的な機能 (iChrome MLE)
  • ドロップシップメント保証:ワンボタンを押すだけで仕様を最適化