光学リファレンスとの使用に最適

コム換算式 fn = nfrep

DFCは狭線幅レーザーのような光学リファレンスとの使用に特に最適です。狭線幅の光学リファレンスに安定化されることにより、コムの周波数はDFCプロセスを通して0Hzに、光学リファレンスによる高い光周波数に堅牢にロックされます。下記の論文ではCEROテクノロジーが、fCEO の高周波ノイズ成分をキャンセルできない従来法であるf-2fよりも明確に優れている点を解説しています。
“Characterization of a DFG comb showing quadratic scaling of the phase noise with frequency”, Optics Letters Vol. 41, Issue 8 (2016) by T. Puppe et al. をご一読ください。DFC CORE + が光学リファレンスとの使用に最適な理由を詳細に記述しています。

内部パルスによるDFG プロセスによって fCEO は、個々のパルスを個別に完全にキャンセルすることができます。 弊社の新方式コムの方程式では、唯一、その繰り返し周波数、fn = n frep に依存することでDFGコムの位相ノイズはキャリア周波数での純粋な2次スケールを示します。論文T. Puppe et al. では、これが注目すべき真実であることを示しています。この教科書的な振る舞いは図1で見ることができますが、ここでは波長700nm以上離れた位置にあるコムの位相ノイズを同じキャリア周波数にスケーリングしてプロットしたものです。このグラフは同時に記録されたトレースのランダムなノイズ構造でさえ完全に相関していることを示しています。  

  • Complete DFC System

これはRFロックされた DFC CORE +の全てのコム発振線が優れたコヒーレンスを持つ証明です。さらには、周波数原点では真のゼロノイズであり、DFC CORE + に作用するものはすべてfrep に作用し、frep と fCEO のアクチュエータ間にはクロストークがないことを示しています(1%もありません).

(1Hz未満の線幅に安定化されたDL proが)光学リファレンス に位相ロックされる際に、位相ノイズはベータ分離ラインで、45dB以下に抑制されます。全てのコム発振線は、1度のロックと1つの光学リファレンスのみで光学リファレンスの線幅を継承します。