FemtoFiber vario 1030 HP

2光子顕微鏡、及び光遺伝学用フェムト秒レーザー

  • 高出力 -  200 以上の神経回路を同時に励起
  • AOM 及び GDD内蔵の完全ターンキー操作
  • 完全空冷ノイズレス設計により実験動物のストレス低減
  • コンパクトなレーザー設計により貴重なテーブルスペースの節約
  • 堅牢&信頼性のあるファイバレーザー技術のより低コストでの導入可能

2光子オプトジェネティクスが研究のメインテーマである場合、FemtoFiber vario 1030 HPは実験に理想的なレーザーです。8Wをはるかに超える出力と250fs(典型値)のフェムト秒レーザパルスにより、200以上のニューロンを同時に刺激するのに十分なピークパワーを提供します。 さらにAOMとGDDを内蔵した完全なターンキーデザインにより、光学系のセットアップが大幅に簡素化されることでユーザーは研究に集中することができます。
トプティカ社の堅牢で信頼性の高いファイバーレーザー技術は定期的なメンテナンスや光学再調整を必要とせず、レーザーシステムの所有コストを大幅に削減します。またノイズレスでコンパクトな設計により、実験動物へのノイズストレスを最小限に抑え、貴重なテーブルスペースを節約することができます。