MDL pro

19インチラック組込用外部共振器型半導体レーザー

  • DL / DFBプロ構成で最大4つのレーザー
  • スペクトルカバレッジ369 .. 1770 nm
  • 低ノイズとドリフト、狭線幅
  • 偏波保持シングルモードファイバーによる出力
  • デジタルコントロールDLC proで最高のパフォーマンスと便利性を実現

MDL proは、最大4つの狭線幅の調整可能なダイオードレーザーをコンパクトな19インチサブラックに組み合わせ、T-RACK またはその他の適切な19インチラックにシームレスに統合します。これにより、最新の原子光学の多くの課題が解決されます。統合されたすべてのレーザーが単一の統合インターフェースから制御されるため、レーザー操作が簡素化されます。さらに、光学テーブルをクリアし、レーザーを19インチのフォームファクターに収納するのに役立ちます。これにより、研究者はレーザーシステムではなく、実験に集中できます。完全な製品ファミリーについては、 Laser Rack Systemsをご覧ください。

MDL pro modular laser systems achieve the same ultimate performance as TOPTICA’s established DL pro or DFB pro series: Unprecedented passive stability, unique locking solutions and narrow linewidth.

The MDL pro integrates tunable single-mode laser modules at wavelengths between 369 and 1770 nm. These modules are based on TOPTICA's DL pro or DFB pro lasers. Up to four individual modules can be selected and combined freely in the MDL pro. All laser diodes from TOPTICA stock lists are available.

The MDL pro modular laser unit features a full-extension pull-out mechanism ensuring easy access to the laser modules. Moreover, it offers passive vibration isolation decoupling the lasers from the environment. The unit is highly compact consuming only 2 RU in height. An additional 1-RU space is recommended for thermal isolation between different laser units. Optical output is fiber-coupled allowing for flexible laser light delivery wherever required.

The MDL pro laser modules are controlled with TOPTICA’s DLC pro. Its digital architecture enables low-noise laser operation, intelligent locking functions and remote control via Ethernet.