線幅アナライザー

比類なき測定感度

当社の線幅アナライザは、レーザー光源の周波数・強度ノイズを測定・分析・制御するためのハイエンドな光学測定器です。干渉計を用いた測定原理と超低ノイズエレクトロニクス技術を融合することで、優れた測定感度を実現しています。リアルタイム信号出力は、レーザーの周波数ノイズをアクティブに低減するために使用可能な高速フィードバックループのオプションを提供します。

狭帯域 & 広帯域レーザーを1台で分析

1kモデルは、超狭帯域レーザーの周波数ノイズと線幅形状を解析し、制御するために設計された究極のハイエンド光学測定器です。さらに非常に高い分解能と測定感度でレーザー光源の相対強度ノイズを測定するオプションを提供します。

  • 測定レンジ:780nm-1020nm, 1530-1625 nm
  • 10Hzまで/ ノイズ感度
  • 線幅レンジ:350Hz - 20MHz
  • 最大10 MHzのノイズ周波数範囲

分析用オプション

  • 周波数偏差タイムトレースとヒストグラム機能
  • 周波数ノイズ密度スペクトル分析
  • 強度ノイズスペクトル分析
  • レーザー線幅形状スペクトル分析

特性評価用オプション

有効線幅の評価:

  • 線幅に寄与するすべての測定周波数でのノイズ測定
  • スペクトル線幅のローレンツ、ガウシアン、フォークト型フィッテイング機能

固有線幅の評価:

  • 高い周波数でのノイズフロアのレベル測定