HighFinesseレーザースペクトラムアナライザー

全波長範囲と分解能パラメータがカスタマイズ可能、高速でパルスとCWレーザーを測定できるコンパクトで堅牢な分光計

  • 最大500Hzの測定速度
  • 分解能R = 20,000(31 pm @ 633 nm)
  • 192-11,000nmで利用可能
  • 波長精度:6 GHz(8 pm @ 633 nm)

HighFinesseレーザースペクトラムアナライザーをベースしたグレーテイングは、コンパクトで用途の広い機器を使用として、レーザー光源の中心波長と線幅の両方を非常に精確に測定する機能を提供します。

製品シリーズは、192nm~11,000nmの波長範囲をカバーしています。グレーティングベースのテクノロジーにより、広い線幅範囲にわたるレーザー光源の分析が可能になります。 LSAは、よく知られているHighFinesse WSシリーズ波長計のように可動部品の原理を利用して、パルスとCWレーザーの両方を測定する機能を提供します。

  • Specification

    LSAシリーズ
    • パルスおよびcwレーザー:
      動かない部分
    • リモート ネットワーク アクセス
    • ソフトウェア統合
      絶対精度 [GHz] 分解能[R = λ/Δλ] スペクトル分解能 [Δλ = λ/R] 測定速度[Hz] 波長範囲 [nm]
    LSA 6 20000 e.g. 31.65 pm @633 nm 500 (Data Acquisition) 192 - 2250

     

    LSA IR-Ⅲシリーズ
    • パルスおよびcwレーザー:
      動かない部分
    • リモート ネットワーク アクセス
    • ソフトウェア統合
      絶対精度 [nm] スペクトル分解能   [nm] 測定速度 [Hz] 波長範囲[µm] 校正
    LSA IR-III Type 2-3 1 15 100 1.4 - 3 see IR-HeNe
    LSA IR-III Type 2-6 2 20 100 1.4 - 6 see IR-HeNe
    LSA IR-III Type 2-11 5 30 100 1.4 - 11 see IR-HeNe
  • Options

    すべての波長計は、パルス信号を自動的に検出して測定します。さらに、このオプションを使用すると、ユーザーはパルス測定を外部からトリガーできます。 TTL オプションは、パルス励起と測定の間の同期を保証します。

    TTL
    外部トリガー
    MC
    マルチプレクサ

    一度に複数のレーザーの周波数を測定するために、オプトメカニカル スイッチが使用されます。当社の高速波長計と入手可能な最も高速なファイバースイッチ (MEMS) の 1 つを組み合わせることで、最大 8 つのチャネルをほぼ同時に測定できます。

    CAL
    外部校正

    絶対精度 60 MHz までの標準 HighFinesse 波長計は、統合された校正ソースを介した自動校正を備えています。これにより、当社の波長計による測定の正確さと安定性が保証されます。より高い精度を実現するために、さまざまなアプリケーション向けに、周波数安定化、狭線幅、最大 ± 10 kHz の周波数安定性を備えたさまざまなレーザー光源を提供しています。

  • Downloads

    追加の技術情報、データシート、及びプロダクトカタログは、こちら をクリックしてください。