DLC pro: Digital Control

波長可変半導体レーザー用デジタルコントローラ

  • 究極の低ノイズ&精密なコントロール
  • 便利な直接&リモート制御
  • インテリジェンスな周波数ロックオプション

DLC proはトプティカ社の全ての波長可変半導体レーザーに対応したプラットフォームコントローラです: One controller for all wavelengths.

半導体レーザの性能は、そのコントローラによって大きく左右されます。DLC proは、狭いレーザー線幅のための低い電流ノイズ、安定した動作のための優れた温度制御、周波数チューニングのための精密なピエゾ制御といった重要なパラメータで最高の性能を得るために不可欠な機能を搭載したデジタルレーザコントローラです。

この高性能コントローラーの可能性を最大限に引き出すために、直感的なユーザーインターフェースが用意されています。スキャンの調整、モニター画面の拡大、周波数ロックなどの有効化をタッチスクリーンとノブで簡単に行えます。また、デジタル化によりWindowsコンピュータ用のGUIとコマンドインターフェースを含む完全なリモートコントロールを可能にします。このインターフェースはすべてのプログラミング言語に対応しております。また、 Python SDK も提供しています。

多くのアプリケーションでは、レーザーの周波数を参照する必要があります。トプティカ社は、様々なニーズに対応するソリューションを提供します。FALC proの高性能なロックを可能にするソフトウェアソリューションのDLC pro LockはDLC proに内蔵されています。

DLC proは、最高の性能を発揮するためのハードウェアで、前例のない利便性を実現しており、半導体レーザー制御のベンチマークです。

 

ソフトウェア・アップデート

新たに追加された機能やバグ修正を含むDLC proの最新のテスト済みソフトウェアが、すべてのお客様に提供されています。最新のソフトウェアリリース、ダウンロード方法、追加された機能の概要については、下記の Downloads section を参照してください。

Python サポート

トプティカ社の TOPTICA’s Laser SDKの一部としてDLC proのPythonサポートを提供しております。パッケージはPython Package Index (PyPI)よりpip installで簡単に入手できます。

PC GUI

DLC proの直感的なPC GUIにより、パソコンからの制御が可能です(Windows 8以上が必要)。ラボ内の任意のレーザーに接続するだけで、設定された状態から始められます。

Emailでのお知らせ

ソフトウェアの新しいアップデートについては、ニュースレターでお知らせしています。メールの表題に"subscribe"と記入しこちらのメールアドレス( dlcpro@toptica.com )に送信してください。

イーサネット

LC proをローカルネットワークに接続することで、PC GUIやコマンドインターフェースなどを介してPCよりリモート制御が可能になります。DHCPと手動のIP設定をサポートしています。

LabVIEW サンプルプログラム

DLC proの制御をLabVIEWにて行う場合は、サンプルプログラムをご用意しております。以下の Downloads section をご参照ください。

空気圧補正

この機能により、測定した気圧の変化を補正することで安定性が増し、波長をより安定することができます。

コンフィギュレーション マネージャ

コンフィギュレーション マネージャでは、以前に保存したレーザーの設定に戻ることができます。パラメータをロックするなどの新しい設定を試すことが非常に簡単になります。

パワー安定化

出力安定化フィードバックループをアクティベートさせることができます。達成可能な帯域幅は、以下の制御モジュールCC-500およびCC-5000の仕様に記載されています。

ワイドスキャンモード

ワイドスキャンは、高分解能のスペクトルスキャンを記録また表示することが可能です。この機能は特にLDの全可変範囲をスキャンすることができる CTL と DFB pro で活躍します。

スクリーンショット

ボタンを押すだけでモニター画面のスクリーンショットをUSBドライブに保存できます。

周波数ロッキングオプション無料トライアル

レーザーと合わせてに DLC pro Lock をご購入頂かなかった場合、30日間有効のトライアルをご提供します。必要になった際にいつでもご利用可能です。

詳しくは製品ビデオをご覧ください:

 

  • Specifications
    • General / Main Control MC

      概要 / MC 
      オペレータインターフェイスタッチディスプレイ, 10個のプッシュボタン, 4つのノブスイッチ, キースイッチ
      ディスプレイ仕様7インチ, 800 x 480ピクセル, 262 k カラー液晶
      タッチパネル仕様投影型静電容量方式 (PCT)、マルチタッチコントロール
      通信インターフェイスイーサネットおよびUSB
    • Current Control CC-500 & CC-5000

       電流コントロール CC-500電流コントロール CC-5000*
      最大レーザー駆動電流2x 245 mA or 1x 490 mA (selectable)5000 mA
      最大レーザー駆動電圧7 V @ 360 mA, 5 V @ 490 mA3.5 V
      最小電流設定ステップ0.015 μA5 μA
      電流ノイズ密度280 pA / sqrt(Hz) @ 1 kHz120 nA / sqrt(Hz)
      低周波数電流ノイズ (0.1 Hz ... 10 Hz)< 50 nA p-p10 μA p-p
      レーザー駆動電流の温度係数<3 ppm / K typ. after > 1 h warm-up 
      レーザー駆動電流の長時間安定性< 100 ppm / sqrt(khrs) after > 1 h warm-up 
      変調バンド幅 (-3dB, 45°)Between 15 kHz and 30 kHz
      (depending on laser diode)
      100 Hz
      パワー安定化バンド幅DL pro: 10 kHz, CTL: 4 kHzTA pro: 4 kHz, SHG pro: 1 kHz
      * 一部のTA proシステムでは2台のCC-5000を用いて1台のTAチップを駆動する必要があります。 
    • Temperature Control TC

      温度コントロール (TC) 
      最大ペルチェ(TEC)電流3 A
      最大ペルチェ(TEC)電圧3 V @ 3 A / 12 V @ 3 A
      最小温度設定ステップ50 μK
      温度ノイズ (100 μHz ... 1 Hz)< 300 μK p-p
      実温度再現性< 0.001 K after > 1 h warm-up
      実温度の温度係数< 140 ppm K / K after > 1 h warm-up
    • Piezo Control PC

      ピエゾコントロール (PC) 
      ピエゾ電圧レンジ-1 V ... +140 V
      最大ピエゾ駆動電流 (charge / decharge)25 mA
      最小ピエゾ電圧ステップ0.01 mV
      電圧ノイズ密度140 nV / sqrt (Hz) @ 1 kHz
      ピエゾ電圧の温度係数< 40 ppm / K
      最小信号バンド幅3 kHz (0 load)
    • Inputs / Outputs

      入力 / 出力 
      アナログ入力 (BNC)2x (24 bit, DC .. 300 kHz)
       2x (16 /10 bits, DC .. 300 kHz / 1.7 MHz)
      入力レンジ, インピーダンス-4 V ... + 4V, 10 kOhm
      アナログ出力 (BNC)2x (16 bits, DC .. 300 kHz)
      出力レンジ, インピーダンス-4 V ... + 4V (no load), 50 Ohm
      デジタル信号入力**4x TTL, 10 kOhm, Sub-HD 15-pin
      デジタル信号出力**4x TTL, 50 kOhm, Sub-HD 15-pin
      ** 8 SMBコネクタのブレークアウトケーブルをオプションでご提供可能です。
    • Environmental, Power Supply PS

      環境 / 電源仕様 
      動作電圧100 - 240 V~, 50 / 60 Hz
      消費電力250 W max., typ. 35 W, no active cooling fans
      外形寸法 (H x W x D)154 mm x 450 mm x 348 mm
      重量8.0 kg (with MC, CC-500, PC, TC)
      動作時温度レンジ5 °C ... 40 °C
      輸送時温度レンジ0 °C ... 40 °C
      相対湿度80 % for up to 31 °C, decr. lin. to 50 % at 40 °C
    • Pound-Drever-Hall PDH

      Pound-Drever-Hall法ロックまたは周波数変調分光器用のエラー信号を生成するためのオプション・モジュール
      仕様については、PDH/DLC pro product page をご参照ください。

    • Fast analog linewidth control FALC pro

      高性能ロッキング用外付けモジュール
      仕様については、FALC pro product pageをご参照ください。

    • DLC ext

      DLC ext は当社の高速周波数ロッキングモジュールをDLC proコントローラ使用することを可能にする拡張ユニットです。お手持ちの当社製ロッキングモジュールを利用する際に、またはデフォルトで内蔵された DLC pro Lock オプションよりも更に高速なフィードバック回路を構築する際に大変便利なユニットです
      収納可能なモジュール数(最大)                       2
      サポートされているモジュール                                 PDD 110, FALC 110, mFALC 110, DigiLock 110
      外形寸法 (H x W x D)                                        131 mm (+67 mm) x 184 mm x 286 mm
      電源                                              90 - 264 VAC (47 - 63 Hz), external, automatic mains voltage detection
  • Additional Information
  • Options

    • PDH/DLC pro: Pound-Drever-Hall 法ロッキングによるエラー信号作成用に使用するためのDLC pro用ビルトインモジュール
    • DLC pro Lock: ライセンスキー:DLC proのための周波数ロッキングオプション 
    • FALC pro: 周波数ロッキング用外付け高性能ロッキングモジュール, PDF/DLC proとの組み合わせで光周波数コム、またはレファレンスキャビティへの位相ロックが可能です。

  • Applications
  • Downloads

    DLC pro Software Update

    TOPICA provides software updates for the DLC pro about twice a year. These updates provide new features and bug fixes but are not installed automatically. To update your system please follow the update instructions.

    ReleaseDateNew SystemsNew FeaturesNotable Improvements and Bug Fixes
    2.207/2020FALC pro  
    2.106/2020TA pro AL,        
    MTA pro,
    MSHG pro
    autoPDH  Service report without PC connection
    2.012/2018 Wide scan modeCTL motor scan improved
    1.908/2018DLC Holo-Litho 405Lock wizardARC (analog remote control) for TC added
    1.804/2018TopWave 266
    PDH/DLC pro
     Better protection in case of exchange of laser heads
    1.701/2018MDL pro
    2nd DL
    Configuration manager
    Python support
    CTL scan-trigger problems fixed
    User interface for power stabilization easier to use
    1.604/2017DFB pro
    PS HP
    Air pressure compensation
    TA chips up to 10 A
    Routine for setting the lock-in phase automatically
    Added display elements to ease finding in-loop signals
    1.509/2016DL-FHG pro
    TA-FHG pro
    SUV option
    Service scriptsLocking without selected lock-point enabled
    SHG and FHG system display seed power correctly
    1.403/2016 Power stabilization
    FFT for all systems
    Labview example
    CTL: microsteps enable
    Limitations in signal routing lifted
    Scan and lock screen combined to ease operation
    Direct access of scaling mode
    1.306/2015DL-SHG pro
    TA-SHG pro
     Problem of freezing touch UI fixed
    Limits of FeedForward increased
    Correct display of TA pro power
    1.211/2014CTL Improved handling of touch UI events
    1.109/2014TA pro Cross talk between ARC of CC and PC modules removed
    1.002/2014DL pro  

     

    Remote operation the DLC pro is supported by:

    • TOPTICA Python Laser SDK (updated with every DLC pro software release) makes the command interface of the DLC pro (and other TOPTICA lasers) easily available in Python. The documentation of the command interface is provided by the DLC pro Command Reference, which is included in any DLC pro software package in the documentation folder. How to use the Python SDK is explained in the project homepage of the package
    • LabView example VIs for connecting to DLC pro (no technical support, also included in any DLC pro update) shows how a connection to a DLC pro is established in LabVIEW.

     

    Additional Product Information

  • Literature

  • Related Products