TOPO

広帯域・高出力チューナブル CW OPOレーザ

  • 広帯域波長可変レンジ 1.45 - 4.0 µm (2500 - 6900 cm-1)
  • 300 GHz (10 cm-1) モードホップフリーチューニング
  • 狭線幅: 2 MHz (1·10-4 cm-1)
  • ハンズフリー自動モータチューニング
  • フルデジタル制御 DLC pro コントローラ

中赤外(MIR)分光測定がこれまでに以上に簡単になりました。トプティカ社の高出力 TOPOは広帯域な波長可変レンジ、狭線幅、ハンズフリーのフルデジタル制御機能を兼ね備えた最新のIRレーザー光源です。面倒な内部モジュールの交換、光学系の再調整などをユーザ自身の手で行って頂く必要はありません。容易な操作性と卓越した信頼性を持ったCW OPOレーザ光源は赤外分光、また様々な量子光学のアプリケーションにおいて最適なチョイスとなることをお約束します。

トプティカ社の革新的なTOPOは、市場において唯一の完全自動化されたCW、単一共振の光パラメトリック発振器レーザー光源です。1.45~4.0 µm (2500~6900 cm-1)の高分解能分光がこれまで以上に容易になりました。

トプティカ社独自のユニークな光学設計により、広帯域の波長可変が可能です。モジュールやミラー交換は不要で、また、オールデジタルコントローラにより、ハンズフリーの粗調整、周波数ロックが可能です。300 GHz (10 cm-1)までの広いモードホップフリーの波長可変レンジにより、分光学的なシグネチャを完全に可視化することができます。同時に、TOPOは狭い線幅(2 MHz, 1-10-5 cm-1)を維持し、狭い原子や分子の特徴を明らかにするソリューションを提供します。

トプティカ社のOPOシステムTOPOがフォトニクスウエストのPrism Awards 2019を受賞しました!