MSHG pro

高出力, チューナブル, 19インチラック搭載可能な第二高調波半導体レーザー

  • T-RACK或いは19インチ標準ラックに搭載
  • 共振周波数SHG発生
  • 波長: 330-780nm, 線幅 <500kHz
  • 偏波保持シングルモードファイバーによる出力
  • 最高のパフォーマンスを生み出すデジタルコントロールDLC pro

UV / RGBソリューションの一部となるMSHG proシステムは、波長可変半導体レーザー (DL pro),高出力半導体アンプ (TA pro)及び一体型の第二高調波発生部より構成されています。また、ファイバー増幅器(FA)或いはラマンファイバー(RFA)増幅器との構成も可能です。

MSHG pro レーザーヘッドは従来のTA-SHG proが3U、19インチサブラックにマウントされたモジュールタイプのレーザーになります。
ユーザーの所有する新規或いは既存光学系への組み込みが容易に可能となり、さらに次世代の量子科学実験用に可搬式でよりコンパクトな光学系の構築を可能にします。その他レーザー製品シリーズについてはレーザーラックシステムを, レーザー搭載に最適なラックについてはT-RACKをご参照ください。

第二高調波(SHG)部分は、熱及び機械的な安定性に優れるbow-tie型の構成を採用したリング型共振器です。このシステムには、TA増幅チップ、SHG共振器、出力ファイバへの完全自動化されたプッシュボタン式自動光軸調整機能(AutoAlign)や、プッシュボタン式出力安定化機能が含まれています。分光実験、レーザー冷却、ホログラフィー及び干渉実験に最適な波長可変レーザーです。

このシステムは、既に確立されているトプティカのTA-SHG proと同等の究極的な性能を実現しています。前例のないパッシブ安定性、ユニークな周波数ロッキング方式、更には狭線幅などを同時にご提供可能です。複数の波長が搭載可能で、各波長の出力端は独立した柔軟な取り回しを可能にするために、(FiberDockを使用した)ファイバー結合方式を採用しています。定期的なメンテナンスが必要な際も引き出し式スライドデザインにより、容易なアクセスが可能です。

レーザーはトプティカ社のDLC proで制御されます。タッチスクリーン、ノブ及びボタン操作を備えたこの3Uレーザーコントローラーは、最先端のデジタルアーキテクチャにより低ノイズ性と高性能なロッキング機能が統合されており、ユーザーの利便性を一段と向上させます。さらにDLC pro制御系で統合された全てのレーザーモジュールのリモート制御も可能です。

MSHG proはT-RACK内に設置されておりレーザーラックシステムの一部となります。統合ラック型ソリューションとして、最大限の利便性を活用できます。またMSHG proはユーザー所有の標準的な19インチラックにインストールすることも可能です。MSHG proをマウントするための仕様についてはどうぞお問い合わせください。ラック内に必要なスペースはシステムの構成により異なり、熱制御を適切に行うためには各レーザーモジュール(MSHG pro、DLC pro)の下部に遮蔽物とならない高さのユニットを1つ追加する必要があります。ラックの必要条件詳細についてはトプティカ社までお問い合わせください。またMSHG proはそれぞれ独立したレーザーヘッドとDLC proサブラックで構成されるテーブルトップ型のソリューションとしてもご利用いただけます。