MOM

モジュール型 レーザーブレッドボードユニット

  • カスタム光学、力学、電子機器の統合に最適
  • 低ひずみ、平面、19.5mmのアルミニウム製の安定性の高いブレッドボード
  • パッシブ防振とオプトメカニカルブレッドボードとラックの分離可能
  • 簡単なアクセスとサービスのための全面拡張引き出しと可動的なケーブル管理

TOPTICAのLaser Rack Systems は、光学テーブルをクリアし、貴重なラボスペースをより経済的に使用するために設計されています。多くのアプリケーションでは、各実験に応じた専用の光学系を構築することは装システム全体に不可欠な要素となります。MOMは研究者やシステムインテグレータにカスタム光学系構築のためのスペースを提供します。

パッシブに防振された統合型ブレッドボードは、従来の光学定盤の利点を生かしつつ、ラックへの統合に最適化された19インチのフォームファクタ設計を採用しています。したがってMDL proMTA proMSHG pro、周波数コム MDFCのようなトプティカ社のラック型各レーザーモジュールに最適な補足的な機能を提供します。理想的には、選択されたこれらのレーザーモジュールとT-RACKに統合されたカスタム光学系を持つ1台または複数台のMOMモジュールが、完全に構築された光学テーブルの代わりになることができます。

MOMには、全面拡張引き出しメカニズムと可動的なケーブル管理が装備されており、どちらもカス​​タムオプティクスに簡単にアクセスできます。その標準バリアントは、4ラックユニット(RU)の高さです。ご要望に応じて、他の垂直寸法でもご利用いただけます。

 

  • Specification

    寸法(高さ) 4 RUフロントパネル、上部が開いている、ブレッドボードとフロントパネルの上部の間に90mmのスペース*
    ブレッドボードの寸法 389 mm x 590 mm
    穴のサイズと間隔(メトリックバリアント) 中心25mm、深さ10mmのM6タップ穴
    穴のサイズと間隔(インペリアルバリアント) 1/4 "-20 UNCタップ穴、1"センター、深さ11.5 mm
    必要なラック T-RACKまたは同等のラック(19インチ、奥行き800 mm、適切な取り付け穴)
    最大荷重 25 kg
    *リクエストに応じて利用可能な他の高さのバリエーション、利用可能な最小の高さ:2 RU(ブレッドボードとフロントパネルの上部の間の45 mmのスペース、可動的ケーブル管理用のエネルギーチェーンなし)

    詳細とについては、TOPTICAにおといあわせください。

  • Applications
  • Downloads

     

  • Literature
    • Application Note: Phase and Frequency Locking of Diode Lasers
  • Related Products
    • T-RACK レーザーラックシステム
    • MDL pro ラックモジュール型波長可変半導体レーザー
    • MTA pro ラックモジュール型光増幅チューナブルレーザー
    • MSHG pro ラックモジュール型SHG/FHGチューナブルレーザー
    • MDFC ラックモジュール型差周波コム
    • Laser Locking Electronics レーザー周波数ロッキングエレクトロニクス