MDL pro

19インチラック組込用外部共振器型半導体レーザー(ECDL)

  • T-RACKまたは19インチ標準ラックへの組込用
  • 狭線幅
  • 波長可変 & 周波数ロック
  • 偏波保持シングルモードファイバーによる出力
  • デジタルコントロールDLC proで最高のパフォーマンスを実現

MDL proは、最大4台の狭線幅波長可変半導体レーザーを1台のコンパクトなサブラックに収納可能なマルチ波長光源です。 これにより最新の原子光学の多くの問題が解決されます:搭載された全てのレーザーは、単独のインターフェースを用いて制御されるため複雑な操作が不要となります。 レーザーを光学定盤上ではなく19インチの標準サブラックに収納することにより、研究者はレーザーシステムの調整に時間をかけることなく実験に集中できます。可搬式のMDL proは次世代のAMOシステムのニーズを満たし、小型性と可搬性が同時に求められる最先端の実験室ベースの研究をサポートします。その他ラックマウント型製品ファミリーについてはレーザーラックシステムを、搭載に最適なラックについてはT-ラックをご覧ください。

MDL proは、369~1625 nmの波長可変単一周波数レーザモジュールを統合した2U 19インチラック型のレーザー光源です。これらのモジュールは、トプティカのDL proまたはDFB proレーザをベースにしています。MDL proでは、最大4つのモジュールを自由に選択して組み合わせることができます。 トプティカの在庫リストの半導体レーザーがすべて利用可能です。

MDL proに内蔵されたレーザーはトプティカ社のDL proまたはDFB proシリーズと同じく究極のパフォーマンスを実現します:類を見ない安定性、独自の周波数ロックソリューション、狭線幅を同時にご提供します。各レーザーモジュールはファイバー結合(FiberDock使用)されており、既存のユーザ実験光学系に柔軟に追加できます。 定期的なメンテナンスが必要な際も引き出し式スライドデザインにより、容易なアクセスが可能です。

MDL proのレーザーモジュールはトプティカ社のDLC proデジタルコントローラで制御されます。タッチスクリーン、ノブ及びボタン操作を備えたこの3Uレーザーコントローラーは、最先端のデジタルアーキテクチャにより低ノイズ性と高性能なロッキング機能が統合されており、ユーザーの利便性を一段と向上させます。さらにDLC pro制御系で統合された全てのレーザーモジュールのリモート制御も可能です。