すべての光子が重要 TOPTICAのアイソレータと

TOPTICA Photonicsは、紫外線から近赤外線までの光アイソレータを製造しています。いずれも前方向への透過率と逆方向への消光比においてトップクラス。トプティカのアイソレータはトプティカのレーザーのニーズを満たすよう、性能を重視して設計されています。

トプティカのアイソレータは、狭線幅、長可干渉距離を特徴とする当社レーザーの安定性を確保し、ワットクラスのレーザーや光アンプを有害な戻り光反射から保護します。ご要望によりフォームファクタや波長のカスタマイズも可能です。

トプティカは20年以上にわたり、狭線幅、単一周波数の外部共振器型半導体レーザーを提供してきました。レーザーのスペクトル...

写真コンテストのファイナリストを発表

ファイナリストの皆さんをご紹介します。ご参加ありがとうございました!トプティカのテーパーアンプは20年の長い歴史を誇ります。これを祝い、トプティカのレーザーをラボで使用している研究者の皆さんから素敵な写真を募集しました。

多くの参加とすばらしい写真の数々に心より感謝申し上げます!審査員団はすべての応募作品から12の最優秀作品を選びました。ファイナリストの皆さんにはソニーのヘッドフォンをプレゼント。また、参加者全員にトプティカのサプライズパッケージもお送りします。ファイナリスト12人の皆さんはこちらでご紹介します:www.toptica.com/photo-contest

トプティカ...

世界最大の「空に向けた目」に搭載

06-05-2021

ヨーロッパ南天天文台(ESO)と2017年末に締結した契約に従い、同天文台がチリのアタカマ砂漠に建設中の欧州超大型望遠鏡(ELT)にTOPTICA Projectsのガイドスターレーザーシステムが初めて搭載されます。 

ESOは、残りのレーザーも速やかに導入し(ELTは最大8台のガイドスターレーザーを使用)、初めて望遠鏡に光を入れる「ファーストライト」を2020年代後半に予定するなど、次世代のスーパー望遠鏡競争の優位に立つと期待されます。

ELTの補償光学システム向けのガイドスターレーザーは、すでに2016年から補償光学施設(AOF)の一環である超大型望遠鏡(VL...

TopWave 405: ガスレーザーに代わる手軽なシステム

トプティカの新しいTopWave 405は、ガスレーザーに代わるコスト効率に優れたシステム。使いやすく、リソグラフィやホログラフィでのハンズフリー/リモート操作にも対応します。

トプティカの新しいTopWave 405は、リソグラフィやホログラフィに一般に使用される大型で消費電力の大きいクリプトンイオン(406.7nm、413.1nm)ガスレーザーに代わる優れたレーザーシステムです。TopWave 405は、405nmで1Wの出力と卓越したビーム品質を実現します。ビーム径とM²(typ....

半導体レーザーの位相/周波数ロック

13-04-2021   新しいアプリケーションノート「半導体レーザーの位相/周波数ロック」を公開:各種の基準周波数に固定する基本理念をご紹介します。

トプティカは、単一周波数半導体レーザーの開発と製造に20年以上の実績を誇ります。幅広い波長への対応、外部共振性、受動安定性に加え、トプティカのレーザーの重要な成長要因は、世界クラスのロッキングエレクトロニクスにあります。

アプリケーションノート「半導体レーザーの位相/周波数ロック」では、レーザーの位相または周波数を安定化するさまざまな可能性を幅広く概説します。また、それぞれのロック方式に対応するトプティカのソリューションもご紹介します。この...

Light Sheet-based Fluorescence Microscopy

12-04-2021 For the second time, the Wiley Analytical Science Conference will bring together researchers, users and manufacturers from the fields of microscopy, spectroscopy, mass spectrometry and laboratory automation, and related areas. Starting on April 19, 2021, we look forward to exciting...

半導体レーザー | 超高速ファイバーレーザー | テラヘルツシステム | 光周波数コム

トプティカフォトニクスは20年以上にわたり最高品質のレーザーシステムを開発・製造してきました。

これら製品は、研究用途、バイオフォトニクス、産業用光計測や量子技術のアプリケーションにて使用されています。TOPTICA社はレーザー市場における最も広範な波長190nm – 0.1THz(波長3mmに相当)をカバーし、またエキゾチックな波長においても高出力のシステムをご提供しております。